« モーツァルトはお好き? | トップページ | 映画:バタフライ・エフェクト »

2005.07.03

果てしなき渇き

深町 秋生 / 宝島社(2005/01/27)
Amazonランキング:85,783位
Amazonおすすめ度:

血みどろバイオレンス。
腹を切られはみだした内臓を抱えて息絶えている青年。首に妖怪のような裂け目があり、しかも操り人形のように微動だもしない少年。頬に涙の後の残る少女の白いTシャツの胸には赤黒い花が咲いている。こめかみを撃ち抜いて灰色の脳みそを振りまいて倒れる警官。散弾銃で頭を吹き飛ばされる街の有力者。

離婚した元刑事が行方不明の娘を探すうちにどんどん深みにはまってしまう。
お決まりの登場人物。暴力沙汰で警察をやめさせられ警備会社に勤める父親、暴力団と繋がる暴走族、ドラッグを売買する女子高生、買春する地元の名士や腐った警察官達。

それでも面白くて途中でやめられずに一気に読んでしまった。後味はあまりよくない。

第3回『このミステリーがすごい!』大賞受賞
第1回『このミス・・・』大賞の「四日間の奇蹟」が映画化されて話題になっているが「果てしなき渇き」が映画化されたら、かなりグロいものになりそう

リンク: 深町秋生の新人日記.

|

« モーツァルトはお好き? | トップページ | 映画:バタフライ・エフェクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果てしなき渇き:

« モーツァルトはお好き? | トップページ | 映画:バタフライ・エフェクト »