« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005.07.31

真夏のホラー3本立て


山田 悠介 / 文芸社(2003/03)
Amazonランキング:49,359位
Amazonおすすめ度:


山田 悠介 / 文芸社(2003/11)
Amazonランキング:42,603位
Amazonおすすめ度:


山田 悠介 / 文芸社(2004/07/23)
Amazonランキング:79,887位
Amazonおすすめ度:

メールにまつわる怪しげな都市伝説や どこの学校にでもあるような怪談 トンネルにまつわる怪談話 理不尽なジェットコースターのデスゲームに巻き込まれたり 実際にあったら怖いけど、まずありそうもない、そこがホラー

真夏にちょっぴり涼しくなるかと続けて3冊読んでみました
くだらないけれど1冊を2時間くらいで読めて、お手軽なホラー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.29

ハチに刺された その2

昨日、アシナガバチに刺されたところは患部を押さえると痛いけれど
腫れも引いてだいぶ落ち着いてきました

原付車の走行中の怪我なので、これは立派な交通事故
交通事故だったら、自動車保険の人身傷害保険と傷害給付金が使えます
早速、事故報告をしました

走行中のという事案を確認しないといけないので診断書を取って下さいとのこと
2日くらいの通院で診断書を書いてもらうのに5000円も払うのはイヤだと言ったら
文書料は支払います、といわれた

そうそう、人身傷害保険というのは、医療費、薬代、交通費、文書料
おまけに休業損害と、更に嬉しい事に慰謝料まで出るのでした
がむばって、医者に通わねばっ

♪♪入っていてよかった、自動車保険
ご用命は古川モータースでね♪♪

三井住友海上の自動車保険MOST

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.07.28

ハチに刺された

28udeバイクで走ってたら、突然腕の内側が「あちっ!!」
火の粉が飛んできたかタバコの火があたったかのような火傷のような痛み
路肩に寄せて調べたけれど火の粉も虫もついていない

しばらくして血が滲み出して腫れてきてズキズキしだした
これはヤバイっ、すぐに皮膚科に行きました
待っている間、冷やしておいて下さいと氷を渡され
冷やしながら待つ事1時間
(いつでも皮膚科は混んでいます)

28hati医師は虫眼鏡で刺されたところをみて
「針は残っていないのでミツバチではなく、
アシナガバチに刺されたのでしょう
スズメバチだったらもっと酷いことになっています」

28kusuri飲み薬、プレドニン(炎症やアレルギー反応を抑える)
ロキソニン(痛みや炎症を抑える)、ムコスタ(胃薬)
塗り薬、トプシン(副腎皮質ホルモン剤)を処方してもらった

お風呂、アルコール、タバコ、甘いものは血行がよくなって
ハチの毒が回りやすいので避けて
腫れていたり痛かったら冷やして下さいとのこと

ちなみに、蚊に刺された時も冷やしたらいいそうです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.27

花梨茶(ハチミツ花梨)

28karin480韓国土産の瓶詰めをいただいた
以前に柚子茶(柚子のはちみつ漬)をお土産にもらった事があるので
今回もすっぱいのを覚悟して、食べてみた
ん?んん??すっぱくな~い

蜂蜜トロトロのところはすっきり、くっきりとして
薄切りの固い果肉がはいっています
・・・・これは、花梨っ!!

スプーン2.3杯を150~180ccの熱い湯か、冷たい水で溶かして飲む
冬場の風邪の予防や咳が出る時によさそう

最近、手作りしているヨーグルトにのっけて食べる事にします

サムファハンヤん食品
リンク: ▒▒ Wecome to samhwa co.,ltd. ▒▒.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.24

汗疱(かんぽう)

kanpouasi右足の裏と左手のひらの皮がむけて、ぼろぼろになっているのは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とずっと思っていたのだが、実はこれは汗疱(かんぽう)というものらしい。

kanpoute 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は必ず左右対称に発症するとのこと。 気長に治療が必要となる。 発疹がでたら、副腎皮質ホルモンを塗り、治まったらやめる。また出てきたら塗る、ということの繰り返し。

kanpoukusuri 足のうらは吸収が悪いので一番強いデルモベート、
掌にはマイザーを処方してもらった。



ステロイド剤を使うときの注意
1)皮膚が薄くなる、ちょっとしたことで出血しやすくなる
2)感染症を引き起こしやすい。白癬菌 水虫に注意
3)毛根に膿が溜まることがある

汗疱(異汗性湿疹)
あせもの手の平バージョン

汗疱は、指の手掌側と側面にかゆみを伴う水疱を形成する難治性の疾患である。
汗疱は、足底に出現することもある。水疱はしばしば発赤、滲出液、鱗屑を伴う。
汗疱は発汗障害と呼ばれることがあるが、発汗とは無関係であるという説もある。
遺伝の要素もありそう。

リンク: ハロー: 掌蹠膿疱症.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

リクガメ日記

もしもしカメよ
kame『ン??誰か呼んだ?
おいしいものくれるの?』
キョロキョロ・・・
『な~んや、気のせいやないか。
もちっとお風呂でのんびりしとこっ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.18

破裂


久坂部 羊 / 幻冬舎(2004/11)
Amazonランキング:30,979位
Amazonおすすめ度:

現役医師による医療ミステリー
前作「廃用身」にも、麻痺して動かず回復しない手足を切断すると言う究極の医療が登場したが
超高齢化社会にあって、医療問題、年金問題、介護問題を解決するのは--老人が適当なところで死ぬ、高度な医療はいらない、延命せずに安楽死を認める


ノンフィクション作家を目指す松野は医者の「痛恨の症例」を集めていた。-医師は一人前になるまで、必然的に何人かの患者を殺します-阪都大学病院の麻酔科の医師、江崎は語り、症例の収集の協力者となった。
江崎の病院で心臓手術の5日後に死亡した患者の家族が、謎の告発の手紙が届き、医療ミスだとして執刀した香山と国を相手取った裁判が始まる。香山はPKⅡという画期的な心臓病の治療方法を開発したが突然死という副作用がある。
厚生労働省の佐久間は年金問題、医療費、介護問題を解決するためには、老人に対して積極的に望ましい死を保障すると言う『天寿』プロジェクトをすすめていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.10

お好み焼き

鶴橋・風月のお好み焼きを食べた

okonomi1 まず豚玉
小ぶりのボールにわんさかキャベツ
上に卵と豚肉がのっているのを
小さいスプーンでかき混ぜる
カチャカチャカチャ

okonomi2 鉄板にボールをひっくり返して
ヘラで丸くまとめる、高さ3cm
次は牛スジ、これもカチャカチャカチャ<


okonomi3 鉄板にのせてしばらくすると
花カツオをのせにくる
結構、たくさん


okonomi4 さて、そろそろ焼けた頃
大きなヘラでひっくり返すと
きれいな焦げ目



okonomi5 マヨネーズにソースを塗って
いただきま~スッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.09

ミドリガメは何匹?

akamimi480 ペットショップでアカミミガメのベビーを売っていた
甲長3cm、全体でも5cmくらい1匹550円

あまりのかわいらしさに思わず10匹位、買いそうになった

カメ屋敷になってしまいそうなので
すんでのところで思いとどまった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.07

映画:バタフライ・エフェクト


監督・脚本: エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー 出演: アシュトン・カッチャー
    エイミー・スマート 
    ウィリアム・リー・スコット
      エルデン・ヘンソン
2004年アメリカ

バタフライ・エフェクトとは、たった一匹の蝶の羽ばたきが地球の裏側がでは大竜巻となるというカオス理論

エヴァンは子どもの頃から記憶が途切れる事が多かった

大人になって当時の日記を読む事によってその時代の自分にタイムトリップして、その後の人生が変わってしまう

最近、タイムトラベルものが多い
「今、会いにいきます」「エターナル・サンシャイン」
「50回目のファーストキス」は記憶が錯綜してしまうのだったか。。。
先日読んだ本で、乾くるみの「リピーター」
オードリー・ニッフェネガーの「タイムトラベラーズ・ワイフ」

そういうタイムトラベルの話は・・・結構好き
浅田次郎の「地下鉄に乗って」
宮部みゆきの「蒲生邸事件」
東野圭吾の「トキオ」

タイムトラベルなんてフェアではないけれど、あの時にああしていれば、こうしていれば、
というのは日常でいくらでもある
・・・あの日の私に戻りたい・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

果てしなき渇き

深町 秋生 / 宝島社(2005/01/27)
Amazonランキング:85,783位
Amazonおすすめ度:

血みどろバイオレンス。
腹を切られはみだした内臓を抱えて息絶えている青年。首に妖怪のような裂け目があり、しかも操り人形のように微動だもしない少年。頬に涙の後の残る少女の白いTシャツの胸には赤黒い花が咲いている。こめかみを撃ち抜いて灰色の脳みそを振りまいて倒れる警官。散弾銃で頭を吹き飛ばされる街の有力者。

離婚した元刑事が行方不明の娘を探すうちにどんどん深みにはまってしまう。
お決まりの登場人物。暴力沙汰で警察をやめさせられ警備会社に勤める父親、暴力団と繋がる暴走族、ドラッグを売買する女子高生、買春する地元の名士や腐った警察官達。

それでも面白くて途中でやめられずに一気に読んでしまった。後味はあまりよくない。

第3回『このミステリーがすごい!』大賞受賞
第1回『このミス・・・』大賞の「四日間の奇蹟」が映画化されて話題になっているが「果てしなき渇き」が映画化されたら、かなりグロいものになりそう

リンク: 深町秋生の新人日記.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.02

モーツァルトはお好き?

サイドバーの夕刊フジBLOGの記事で「モーツァルト聴くだけで健康になる」というのを見てきた

「空気の振動となって伝わってきた音楽は、大半が水で構成される細胞に“ゆらぎ”を与えます。このゆらぎこそが、あらゆる動植物の健康に作用するのです。耳を持たなくても、効果的な周波数とリズムを繰り返すゆらぎが、細胞に刺激を与えて理想的な生育を促すのでしょう」


モーツァルトの曲には交感神経のバランスをとるのに有効な周波数が含まれているというもの

リラクゼーション音楽とかヒーリングCDとかには大抵、モーツァルトがはいっていますね
そういえば、うちの子供たちが小さい頃には食事のときにモーツアルトを流していた
結果はでたのだろうか??????
ハナハダ疑問ではあある。

リンク: 夕刊フジBLOG「モーツァルト聴くだけで健康になる」説.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リクガメ日記

スランプ
kame480 『最近はちぃとも体重が増えへん
毎日、こう蒸し暑いと食欲もなくなるんや
ワシは乾燥した暑さならダイジョブなんやけど
ムシムシジメジメの暑さは苦手や』
とだらけているカメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »