« オレンジ色のピーマン | トップページ | あやしうこそものぐるほしけれ »

2005.04.07

荊の城

荊の城(上)(下)
サラ・ウォーターズ
創元社;940円
2004年4月

19世紀のロンドン、ごみごみとした場末の、掏摸・泥棒・詐欺師の集まる故買屋でスーザンは暮らしていた。
「紳士」と呼ばれる詐欺師の計画に乗って、郊外の荒れ果てた城に住む令嬢の侍女として働く事になる。
「紳士」とスーザンの企みは成功するかと思えたが。。。
騙し、騙され裏切られ、数奇な運命をたどる、二人の少女。
公開処刑で盛り上がり、詐欺師が跋扈する当時の市井の暮らしや本に埋もれた老貴族の優雅な(?)趣味も興味深い。

|

« オレンジ色のピーマン | トップページ | あやしうこそものぐるほしけれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荊の城:

« オレンジ色のピーマン | トップページ | あやしうこそものぐるほしけれ »