« ニコンCOOLPIX5200 | トップページ | RealPlayerに任意のコード実行ができる“危険”な脆弱性 »

2004.06.12

エクスプローラで項目を右クリックすると、プログラムの実行が停止するか、Explorer.exe が CPU を 100 パーセント使用する

819946 - エクスプローラで項目を右クリックすると、プログラムの実行が停止するか、Explorer.exe が CPU を 100 パーセント使用する

これは困りますっ!!
回避するには、
1) [メニューをフェードまたはスライドして表示する] 視覚効果をオフにする
2)フォルダーオプション[全般] タブで、[従来の Windows フォルダを使う]

よく考えたら、私のPCは非力だから視覚効果も狙っていないし、従来のフォルダーを使って、できるだけ負荷をかけないようにしているから、全然問題なかったのでした(--;)

でもデフォルトでは視覚効果も[フォルダーに共通の作業を表示する]もどちらもオンになっているから問題です。

|

« ニコンCOOLPIX5200 | トップページ | RealPlayerに任意のコード実行ができる“危険”な脆弱性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクスプローラで項目を右クリックすると、プログラムの実行が停止するか、Explorer.exe が CPU を 100 パーセント使用する:

« ニコンCOOLPIX5200 | トップページ | RealPlayerに任意のコード実行ができる“危険”な脆弱性 »